デザインはどうする?伝わるポスターを作ろう

一目で目的を分かってもらう

ポスターを作成するのは、何かを伝える目的があるからですよね。イベントなり商品なりを知ってもらうための宣伝媒体ですので、その基本の役割を効果的に発揮させるべく、分かりやすいデザイン案を考えてみましょう。何のポスターなのか分からないデザインでは人の記憶には残らず、わざわざ立ち止まって見てくれる人ばかりでもありません。瞬時に意図が伝わるデザインであってこそ、情報を伝える役割を全うさせられます。

ターゲットを踏まえたデザイン案

特に伝えたいターゲット層に合わせて、配色や書体、レイアウトなどを変えていくことも大切です。若者がターゲットならば、例えば原色やポップ調の書体、パワフルなイラストを前面に出したレイアウトにすることで、若い世代らしいテイストが生まれスムーズに情報が伝達されます。もっと上の世代がターゲットなら配色を抑えめにし、知的さのある書体やシンプルなレイアウトとすることで落ち着きが生まれ、ミドルやシニア世代の目をひきやすくなるはずです。ターゲットがどんなデザインにひかれる傾向があるのか、見る側の好みを踏まえた案を計画してみましょう。

Zの法則を意識してみる

人の視線の動きを踏まえたデザインにすることで、より情報は伝わりやすくなります。いわゆるZの法則というものですが、ポスターなどを見る際には視線が左上から始まり、右上、左下、右下という具合にアルファベットのZの形で情報を得ようとすると言われているのです。左上に気を引く情報を配置すればそこで目を奪うことができ、全体の情報にも目を通してもらいやすくなるというわけですね。

格安コピー印刷は、ビジネスから私生活まで色々なシーンに利用でき、サイズや紙質によっては一枚あたり十円未満で印刷ができることもあります。