注目を集める第4世代の灯りLED照明の特徴!

様々な色に発光するLEDの仕組み!

赤や黄色、桃や青色、緑や白色の光を、電圧を加えると発するのがLEDの特徴で発光ダイオードのことです。LED照明はこの性質を利用して各種照明に役立たせたものです。自動車用ランプなどに1990年初頭から利用されていて、その後の広がりは医療用照明や一般照明器具、携帯電話機などにも使われています。そもそもLEDは電圧を固体物質にかけた時に、何種類もの色に発光することが1907年に発見されました。それ以来今までに無い発光の仕組みとして研究が進みました。またLID照明はろうそくから始まって、白熱灯次は放電灯と灯りの歴史は変化して行きました。そしてLED照明の登場は第4世代の明かりとして注目されています。

LED開発と進化の歴史!

LEDの歴史は赤色に発光するものが登場したのが1962年です。その10年後には黄色が登場してその13年後は桃色と続き、1993年には青色その2年後に緑色さらに2年後に白色が開発されました。この中でもカラーディスプレイを低電力で駆動する開発に関しては、カラー表示をするために必要な、光の3原色の1つの青色は大きく貢献しました。そして白色LEDの開発も青色LEDの開発が進んだことでさらに向上しました。従来の照明電球に変わって白色に発光するLED電球は、現在では高効率な照明器具として数々の製品が生まれています。省エネルギーに対する意識の高まりは、東日本大震災に端を発しました。LED照明は消費電力も少なく発熱量も小さくて済み、4万時間を超える製品寿命など震災後さらに注目を集めています。

いくつもの照明を使って広い範囲を照らすよりも、ledパネル一つ使って広い範囲を照らす方が、電気代を節約することができます。