スマホ向けのサイトを作るなら今はレスポンシブデザインが主流!

従来はPCとスマホ向けのテンプレートを作るのが主流

ホームページはPCで見るものという時代はとっくの昔に通り過ぎ、今はスマートフォンで見ている人の方が多いかもしれないという時代になっています。実際、電車内で会社員やOLなどがスマホでニュースサイトを読んでいる姿を目にしたことのある人は少なくないでしょう。もちろん、彼らはニュースサイトだけではなく、個人サイトもスマホで読む可能性があるので、個人サイトを運営する側はスマホでアクセスされてもデザインが崩れるといったことがないようにしなければなりません。では、スマートフォン向けのホームページは具体的にどのようにして作ればいいのでしょうか。まず、昔ながらのやり方といえるのがPC向けのHTMLとCSS、そしてスマホ向けのHTMLとCSSをそれぞれ書いて振り分けるという方法です。スマホ向けのHTMLでは段組みを行わず、コンテンツを縦一列に表示させるようにします。

一つのテンプレートでPCにもスマホにも対応

近年、よく用いられているスマホ向けサイトの作り方として挙げられるのはレスポンシブデザインを取り入れるやり方です。レスポンシブデザインの場合、従来のようにPC向けとスマホ向けのテンプレートをそれぞれ用意する必要はなく、一つのテンプレートでPCにもスマホにも対応することができます。なぜ、そういったことが可能なのかというと、CSS3を使うと同じHTMLに対し、端末の画面解像度によって違うスタイルシートのプロパティを適用させられるからです。レスポンシブデザインにすると管理が楽になりますし、コンテンツを修正する場合も、PC向けの方だけ直してスマホ向けの方は修正を忘れてしまい、同じページなのにそれぞれ違う内容のコンテンツが表示されてしまうといったことを防げます。

スマートフォンWebサイト制作をするメリットは、スマートフォンから訪れた人に直帰されないことです。パソコン用のサイトのままだと見づらいので、直帰されてしまう恐れがあります。