仮想通貨が持つ可能性と仮想通貨が持つリスク

投資対象としての仮想通貨の可能性

仮想通貨は現金と違って紙幣や貨幣といった実物は存在せず電子データで管理される通貨です。仮想通貨は世界共通で使用できる通貨なので、現金とは違って国を跨いでも両替の必要がありません。さらに送金をする場合も現金よりも送金にかかる時間は短く済みますし、送金の手数料も安く済むので国内外問わず使用する通貨として魅力があります。セキュリティーの面でも優秀でインターネット上で決済する時にクレジットカードのように秘密情報が必要ないので、個人情報が流出する危険性がありません。これらの現金にはないメリットが仮想通貨にはあって世界中で使われる通貨に求められる特徴も備えているので、仮想通貨には将来性があって投資対象として魅力があります。

仮想通貨を保有するリスク

仮想通貨は管理する特定の団体や国がおらず全ての人が同じ立場で管理する通貨である事で自由度が高い通貨です。自由度が高い事で現金にはないメリットを得られる反面ハッキングによって取引所が被害にあって仮想通貨が消失したり、個人が仮想通貨を管理するウォレットが標的になって保有していた仮想通貨を失うリスクがあります。また国によって管理されていて価値が保証されている現金と違って不正取引によって関係ないユーザーが損失を受けたり、取引相手が債務不履行になるリスクがあります。業者がユーザーの資産を預かったまま消えてしまってユーザーの預けていた仮想通貨が消失する事件も発生した例があるので、取引で利用する業者は慎重に選ばないといけません。

仮想通貨は稼ぐのが比較的に安易なので中高生でも始めてる人が多いです。1年間で100倍に増える通貨も珍しくなくバブルではないかという声もあります。億り人の高校生が出たという話もあるほどです。